照明器具をLED化するためには何が必要か?

従来の照明器具をLEDに換えたい!

最近は、LEDの照明器具に関する報道も、テレビでよくなされるようになって、従来の照明器具をLEDに換えようという動きも強まっているように感じられます。しかし、ほんとうに簡単に照明器具をLEDに換えることができるのでしょうか?ここでは、玄関先などでよく使用されている小さな電球が切れた場合を例にとって、考えてみることにしましょう。従来型の電球では、このように電球がダメになってしまうのは、よくあることです。

電球をLEDに換える場合!

ですから、これをきっかけにして、電球をLEDに換えてしまおうかと思う消費者の方もおられることでしょう。そこで、切れた電球を持って、家電量販店に出かけます。そして、「この電球をLEDに変えたいんですが?」と店員さんに聞いてみます。そうすると、電球の丸く膨らんだ部分が、LEDの場合は大きくなってしまうので、取り付けられない場合もありますという回答が返ってきます。「何だ、こんな一番基本的なケースなのに!?」

従来電球との完全互換性?

普通の消費者であるならば、こう思うことでしょう。それと、従来の電球が1個300円くらいであるのに対して、LED電球は1個3,000円くらいと、価格も約10倍であることを知らされます。LED電球の価格も、まだかなり高めですが、それでもLEDにすれば電球が直ぐに切れてしまうことは無くなるでしょうから、この点は我慢できるかもしれません。それに、LED電球がどんな感じなのか試してみたいという気持ちもあります。ですから、せめて従来電球との完全互換性を実現させてもらいたいものです。

LEDライトパネルは夜でも明るく輝いているので、その上にポスターを貼っておけば暗い時間帯でも宣伝できます。