ふるさと納税って減税になるの?どこからお金が出ているの?

ふるさと納税ってどんな制度なの?

昨今、納税制度の改定などによって脚光を浴びるようになった「ふるさと納税」。自分の故郷に対する納税だと勘違いしている人も未だ多く居ますが、実際は各市町村に寄付することで見返りとして特産物を送付してもらう行政サービスのことです。寄付する市町村は寄付する人が任意に選ぶことができるため、実利性が高い土地土地の名産品や食料品を提供する自治体が人気があります。実際この制度ができて、年間1億前後の交付金しか受け取れない自治体が、一気に10数億円のふるさと納税を手にするといった事態も起きています。

ふるさと納税ってどんな仕組みなの?

ふるさと納税の仕組みはある程度複雑ですが、そう難しくありません。年収によって決められた額まで任意の自治体に寄付をすると、年末調整を経て寄付金の額から2000円を引いた金額分の還付があります。つまり、確定申告する必要がありますが、最終的に寄付者の懐から出て行くお金は2000円だけということになります。そして、その寄付に対して各自治体から贈り物が届けられることになるので、実質各自治体が提供するものを2000円で買っているということになるのです。

ふるさと納税のお金ってどこから出ているの?

ふるさと納税の見返りで贈られるものは様々ありますが、中には1万円を超えるものまであります。それが実質2000円で手に入るわけですが、そのお金はどこから出ているのか疑問に思えてきます。その差額はどこから出ているのかと言うと、それは政府から出ているのです。このふるさと納税は、大都市に集中しがちな税金を地方に還流するために導入された制度です。そのため、そこで発生する不均衡を調整するために政府が音頭をとってお金を出しています。将来的にはふるさと納税のための財源が無くなってしまうことも予測されるため、もしかしたら今がふるさと納税のチャンスなのかもしれませんよ?

近年のふるさと納税は税金の還付以外にも特産物の人気が話題を呼び、お得な情報として話題になっています。