恥ずかしくて人には聞けない!仮性包茎の治療法

仮性包茎を放置してしまうと?

仮性包茎で悩んでいる男性は多くなっています。日本人の約25%から30%は包茎とされていますが、それでも知人に相談する事に抵抗を感じますよね。生活に問題がないからと放置している男性が多いのですが、仮性包茎は放置する事で様々な病気や症状を引き起こしてしまうんですよ。仮性包茎で1番多い症状として亀頭が皮で覆われている事で通気性が悪く恥垢が溜まったり悪臭を放つといった点です。また、性行為に満足する事が出来ない事や性病に感染する可能性も高くなるといったデメリットがあるんですよ。

自宅で出来る仮性包茎治療とは?

雑誌やインターネットのサイトでは、自宅で行う事の出来る仮性包茎の治療法を見かける事がありますよね。誰にも見られる事なく治療が出来ればと考えている方は多いと思います。しかし、偏った知識や間違った治療法で仮性包茎を治そうとすると無理やり露出させた亀頭が元に戻らなくなったり最悪の場合、鬱血をする可能性があります。仮性包茎を治療する事を目的にした器具も多く販売されていますが、使用する際は細心の注意を払う事が必要になります。

病院で出来る仮性包茎治療とは?

医師の方にも見られたくないといった方は多いと思いますが、病院で行う仮性包茎の治療は1番安全性が高くなっています。一般的な病院だけではなく、包茎治療を専門に取り扱っている病院も多く、専門の知識や豊富な経験を持っている医師の方に診てもらう事が出来るんですよ。また、現在の治療法では手術痕が目立たないようにする事が出来たり、麻酔を使用する事で痛みを感じる事なく完治させる事も可能です。費用はある程度必要になりますが、安心感や安全性はバツグンの治療法なんですよ。

仮性包茎は人為的に包皮を後退させることが出来る状態なので、こまめに洗浄を行うことで性器を清潔に保つことができます。特に子供の性器は尿や汗で汚れやすいので保護者が定期的に洗浄を行うことが大切です。