脂肪を溶かす、メソセラピーの流れと基本のこと

メソセラピーってどんな治療法なの?

脂肪溶解注射とも言いますが、その名前の通りに体の中に出来てしまった脂肪細胞を溶かしてしまう方法のことです。顔に注射すれば小顔になりますし、ヒップや太ももに使うならスリムアップできますよ。リバウンドしやすくしている脂肪細胞そのものを溶かしてしまいますから、太りやすい体質の改善効果も。注射の薬には脂肪細胞を壊す役目のものと、溶かす役目のものとが混合されています。最近ではそれとは違ったものも出ています。

メソセラピー治療の流れ

メソセラピー前に血液検査を実施して、治療をしても大丈夫なのかや、病気が隠れていないかをチェックします。その方が安心して治療に取り組ますよね。施術前にはどこの脂肪を溶かしたいのかやどれくらい細くしたいのかをよく相談します。細かく本人の希望通りにボディメイクしやすいのがメソセラピーのいいところです。施術にかかる時間は5分から10分ですぐに終わりますから、社会人の人ならお昼休みに行っても大丈夫なんですよ。

副作用のことはどうなの?

メソセラピーは注射してからすぐに脂肪細胞を壊すために働いてくれます。施術直後から聞くということは副作用が出る場合はすぐに表れてくるということです。とはいっても、ちょっと腫れるくらいの副作用で済むことが多く、腫れてもメイクで目立たないようにするのも可能な範囲です。最近ではメソセラピー用の薬に腫れる副作用の出やすいものを使わないタイプの薬も出ていますし、メソセラピー自体も新しいタイプのものが出ていますから、これからもっと副作用を気にしなくても済むようになるでしょうね。

処女膜は性行為や激しい運動をすると破れてしまうのですが、元に戻すことも可能です。処女膜の再生は破れたヒダを縫い合わせるのが基本ですが、膣粘膜で再生することもあります。