ぶっちゃけ、占い師ってどれくらい稼げるの?

神秘に彩られた占い師の年収が知りたい!

世間では占い師としてそれだけで生計を立ている方も少なからずいらっしゃいます。分野は様々、星占いであったり、四柱推命であったり、霊感を使う、前世やオーラを読み取るサイキックな占いも最近ではメジャーになりました。一般の私たちから見れば、とても神秘的な世界に生きる人たちのように思えます。しかし、占い師と言えども人間。私たちと同じように、お給料を稼いでご飯を食べなければなりません。一体、プロの占い師の人たちの月収、年収はどれくらいなのでしょうか?

平均的占い師の年収は?

書籍を出版し、テレビに出るような有名な占い師の場合、その年収は数千万~数億になるのは間違いありません。しかし、そこまで占いという仕事で収入を得ているのは、日本では数人いるかいないかではないでしょうか。実際のところは多くの占い師は、会社に所属して、その企業のシステムを通して対面占い、電話占い、メール占いなどを行っています。その場合、例えば鑑定料金が一時間一万円ならば、その中の数十パーセントは所属会社に支払わなければなりません。また完全出来高制ですので、お客さんが来ずに待機状態が続くといっさい収入が発生することはありません。このようなシステムのため、多くの占い師の収入はそれほど高くはないと予想されます。プロとして独立していても年収20~30万程度の収入で働いている方が多いようです。

隠れた超セレブ占い師たちの存在

しかし、年収数億レベルの超メジャーな占い師と、年収2,30万の平均的占い師との間の空間は無人地帯ではありません。そこには名前こそ知られていないものの、年収一千万レベルの占い師もまた多数存在するのです。この人たちの多くは占い会社に所属しているトップレベルの電話占い師です。あるテレビ番組で放送されていましたが、相談料金1分200円で、占い師の取り分80円の場合、8時間占いをすると80円×60分×8時間で日給38400円となります。月に20日出勤で768000円と、年収一千万レベルにかなり近づきます。しかもこの1分200円と言う料金は本当のトップレベルではもっと高くなり、1分500円~それ以上になることもざらなのです。その場合、一日数時間の占いで年収一千万を稼ぐことも不可能ではありません。なかなかそれだけで生計を立てていくのが難しそうな占い師の仕事ですが、実は隠れたセレブがたくさんいるのも占いの世界なのです。もちろん、年収が高いイコール良い占い師だと限らないことは、言うまでもありませんが。

占い師が当たる方法については、全国の若い世代の女性からの注目が集まっており、常に新しい情報を得ることが期待されます。